一般社団法人 研究産業・産業技術振興協会は、業種横断的な委員会活動や情報交換を通じて、研究産業及び産業技術の振興に貢献します。
JRIAについて

一般社団法人 研究産業・産業技術振興協会 ― JRIA(Japan Research Industries and Industrial Technology Association)は、 研究産業・産業技術に関する唯一の団体として、多様な業種の英知の交流を図り、 研究開発やイノベーションの推進を通じて、我が国産業の発展と豊かな国際社会創りに貢献しています。
平成2年「研究産業基本問題懇談会」報告書(研究産業の現状と課題)において、 「研究産業は、研究開発活動そのものを実施している研究開発産業と研究開発活動の支援等に係る研究支援産業とで構成される。」 と定義されています(研究産業を構成する業種の例示)。
当協会は、この報告に基づいて平成3年に設立され、あらゆる産業分野の企業、大学、団体等が、業務や業態の壁を取り払い、 関係政府機関との連携を図りつつ、我が国の研究開発・研究支援の振興と、それを通じての国際競争力強化を図ることを目的に事業活動を行っております。