社団法人研究産業・産業技術振興協会(JRIA)
社団法人研究産業協会と財団法人日本産業技術振興協会は平成23年6月20日をもって統合し、社団法人研究産業・産業技術振興協会となりました。
このページは、(旧)財団法人日本産業技術振興協会の平成23年6月20日以前のコンテンツです。一部リンク切れ等ご容赦願います。


JITA 財団法人 日本産業技術振興協会
JITAは新しい時代を担う皆様の事業パートナー。 技術移転等をとおして、わが国産業の発展に貢献します。
アクセス採用情報 資料請求 お問合せ

JITA自主事業

補助事業 終了したイベント

会員さまへのサービス

JITAでは、自主事業として特許・技術移転交流会、産技懇コンソーシアム事業などを展開しております。特許・技術移転交流会では注目特許情報などを提供しております。産技懇コンソーシアム事業では、産業技術懇話会を開催し、最新の産業政策、技術情報の提供、研究機関の見学会、海外技術調査などを実施しております。
会員登録をしてご利用下さい。

入会のご案内

1.特許・技術移転交流会
特許・技術移転交流会は、(独)産業技術総合研究所の保有する特許及び技術移転に関する最新情報をご紹介しております。
産総研の新規特許出願や新技術の概要をいち早くご提供することにより、特許出願内容の早期事業化、共同研究の早期開始、特許実施許諾契約の早期締結など、会員の皆様の一助となるものと考えております。

■最近開催した産総研特許・技術移転交流会(例)
【特別講演】
   「創薬・診断技術分野のロードマップとNEDOプロジェクトの概要について」
   NEDO技術開発機構バイオテクノロジー・医療技術開発部健康バイオG主査 古川 善規氏
【注目技術】 特集「ライフサイエンス分野」
   1. 「体の一生スパン恒常性の分子機序解明とファクトデータベース」
   2. 「CARFによる抗ガン剤のスクリーニング」
   3. 「神経栄養因子と精神神経疾患の関係」
【見学会】関連研究現場の見学

■これまで開催のリスト
終了した特許・技術移転交流会(概要)

2.産業技術懇話会
産業技術懇話会

■産技懇コンソーシアム事業
大型技術懇話会は、昭和47年12月に任意団体として設立されましたが、平成19年度からは、技振協自主事業「産技懇コンソーシアム事業」として新たな展開を図り、産学官の交流および連携の強化を図って、新しい時代を担う産業変革イニシアチブおよびその振興に資することを目的に活動しています。

■事業計画
政府予算の動向や先端産業技術動向に関するJITA講演会、 産総研特許・技術移転交流会をそれぞれ年間4〜6回、 先端技術の研究現場を視察する見学会を年間1〜2回、 会員相互から提案されたテーマについて国内外の技術動向を調査し、提言としてまとめる産業科学技術調査研究会、また、先進国および追随するBRICsなどを対象にした海外視察調査など会員相互の協力を得て事業を行ないます。

これまでの事業報告・資料の入手は、下の会員専用ページからお入り下さい。

会員ページ ログイン

会員・一般の皆様へのサービス

1.JITA講演会
JITAが開催する講演会にご参加いただけます。
産業技術に関する研究成果や先端技術情報を迅速かつ効果的に提供しています。

■これまで開催のリスト
終了したJITA講演会(概要)

2.プレ事業化支援事業
官や独法機関と積極的に連携して「新産業創成」の実現に取り組むと共に、知的財産権を活かした事業化の早期実現を目指して産業振興を図ります。
本事業では、公的資金のみならず民間の開発資金も活用し、「ものになると判断できる」まで検証や実証を行ない、市場化シミュレーション、試作実証エンジニアリングサービスなどプレ事業化に向けた取り組みを行ないます。